忍者ブログ

ビン・かん男|敏感肌アラサーメンズの頭皮・毛髪ケア

大人アトピーや脂漏性皮膚炎で悩むメンズのために頭皮と毛髪をについて紹介していきます。

抗真菌剤(成分)入りシャンプーでマラセチアを撃退!脂漏性皮膚炎にも。

 
⇒今すぐシャンプーを確認する。

目次
⇒抗真菌剤の入ったシャンプーまとめ
⇒お医者さんが薦める抗真菌シャンプー   

かゆみや湿疹などアトピーとよく似た症状の脂漏性皮膚炎ですが、

  • 大量のふけやかさぶたの発生
  • 掻き毟りたくなるほどの頭のかゆみ
など頭皮に発生することが多いです。


治療法としてはステロイドで炎症を抑えた後、抗真菌薬でマラセチアを殺菌します。

このマラセチアがしっかり撃退できていないと一度治まってもまた再発してしまうので、
しっかりと叩くことが必要です。

そこで、軽度の脂漏性皮膚炎のセルフケアや一治療後の再発防止のために、
抗真菌成分を配合したシャンプーがあります。
 

今回はそのシャンプーについて紹介します。

抗真菌剤の入ったシャンプーまとめ


では、抗真菌成分の入ったシャンプーをまとめてみました。


中には日本で市販されていないものも含むので、
なかなか手に入らない製品もあります。

ニゾラールシャンプー(国内販売無し)

ニゾラールシャンプーははケトコナゾールと呼ばれる抗真菌成分が入っています。
脂漏性皮膚炎のほかにも抜け毛予防などにも力を発揮すると言われています。


使用中に注意するべき副作用としては、

  • しみたりひりひりする。
  • かゆみ、かぶれ。
  • 赤くなる。
などが出る可能性があるようです。

また、妊娠中や皮膚の炎症などがみられる場合も使用を中止しましょう。


同じようにケトコナゾールを成分とした製品には、
他にニゾラルシャンプーやセビゾールシャンプー などがあります。


日本国内では販売されていないため、

現地調達するか輸入代行サイトなどを通してしか入手経路はありません。
(楽天やアマゾンで並行輸入もできるようです。)

T/Gelセラビューティック・シャンプー(国内販売無し)

T/Gelセラビューティック・シャンプーに入っているコールタールには、
抗真菌の力があるとされています。


また、2倍の有効成分を含んだExtra Strengthも販売されています。

その他の成分表示を見ると、
ラウレス硫酸ナトリウムやパラベンなどの添加物が多数配合されていますね。
(海外製だからなのか、ちょっと添加物が多すぎる感じも・・・。)


注意するべき副作用としては、
抗菌作用が比較的強いため人によっては逆にアレルギーが出たり、
発がん性も認められているようなので使用の際には十分な注意が必要ですね。


こちらも日本では販売されていません。
(現在楽天やアマゾンの並行輸入商品として購入できる場合があります。)

メンソレータム|メディクイックH頭皮のメディカルシャンプー



日本原産のトップバッターはメンソレータムのメディクイックH頭皮のメディカルシャンプー。
日本産、そして有名企業が販売しているとあって安心感がありますね。

実質抗真菌シャンプーを選ぶなら、
後から紹介する持田製薬のコラージュフルフルシャンプーとこのメディクイックシャンプーとの2択になると思います。

メンソレータムメディクイックシャンプーの全成分表示

  1. ミコナゾール硝酸塩⇒抗真菌成分
  2. グリチルリチン酸ジカリウム⇒抗炎症作用のある有効成分。スカルプケアシャンプーなどによく使われている。
  3. ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
  4. ヤシ油脂肪酸アシルDL-アラニンTEA液
  5. ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
  6. ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na
  7. 濃グリセリン
  8. ロート油
  9. 塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース
  10. POEジオレイン酸メチルグルコシド
  11. ジステアリン酸グリコール
  12. フェノキシエタノール
  13. ビタミンE
  14. クエン酸
  15. 水酸化Na
  16. エデト酸塩
  17. メントール
  18. 無水エタノール
  19. 香料
この中で有効成分は、

  • ミコナゾール硝酸塩
  • グリチルリチン酸ジカリウム

の2つ。

ミコナゾール硝酸塩抗真菌成分で、
グリチルリチン酸ジカリウムの方は抗炎症成分。
抗菌、抗真菌という部分では有効成分はミコナゾール硝酸塩のみとなります。

持田製薬グループのコラージュフルフルシャンプー




病院やクリニックなどでもお勧めされている国産の抗真菌シャンプーがコラージュフルフル医薬部外品)です。
販売元は持田製薬グループ
主にスキンケア製品を開発、販売している会社です。 

コラージュフルフルの抗真菌成分

配合されている抗真菌成分としては、ミコナゾール硝酸塩使われており、
マラセチアが原因の脂漏性皮膚炎にも効果が期待できます。
 
 
コラージュフルフルの全成分表示
  1. ミコナゾール硝酸塩⇒脂漏性皮膚炎やかゆみ、ふけの原因である真菌の増殖を抑える働きがある。抗真菌成分。
  2. ピロクトンオラミン(オクトピロックス)抗酸化・抗菌成分で、頭皮の臭いも防ぐ。
  3. アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン⇒界面活性剤。
  4. ラウロイルメチル-β-アラニンNa液⇒陰イオン性界面活性剤。
  5. ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド⇒別名コミカドDEAとも呼ばれる。ヤシ油から作られる界面活性剤。
  6. 濃グリセリン⇒保湿成分
  7. プロピレングリコール⇒保湿剤、乳化剤。
  8. コハク酸一ナトリウム⇒ph調整剤、凝固剤。
  9. 無水クエン酸⇒酸化防止剤、ph調整剤。
  10. 水 

有効成分としては、ミコナゾール硝酸塩とピロクトンオラミンの2つ。


どちらも真菌に対する殺菌作用があります。


ピロクトンオラミンは商標としてオクトピロックスとも言われ、
育毛シャンプーやスカルプシャンプーなどにもよく配合されています。


抗菌、抗酸化の力を持っているので頭皮を清潔に保ち、
かゆみやふけの原因物質を除去してくれる効果が期待できます。

ほかにもシャンプーとしての洗浄成分や保湿成分などが入っていますね。
肌に優しいのはこのあたりが関係しているんでしょうか?

【2大抗真菌シャンプー比較】コラージュフルフルとメディクイックどっちがおすすめ?

では、コラージュフルフルとメンソレータムメディクイックはどっちがおすすめなのか?
分かりやすいように比較してみました。

商品名
メディクイックH

コラージュフルフル
販売元 ロート製薬 持田製薬グループ
分類 医薬部外品 医薬部外品
有効成分 ミコナゾール硝酸塩
グリチルリチン酸ジカリウム
ミコナゾール硝酸塩
オクトピロックス
価格(200ml) 1278円(税込) 1728円(税込)
種類 1種類のみ 1乾燥肌用
2オイリー肌用 

どちらも抗真菌成分としてミコナゾール硝酸塩が有効成分として入っており、
医薬部外品指定の製品となっています。

しかし、もう一つの有効成分には違いがあります。

  • メディクイック⇒グリチルリチン酸ジカリウム
  • コラージュフルフル⇒オクトピロックス

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症の働きがありますが、
対してオクトピロックスは抗菌作用のある成分です。

  • グリチルリチン酸ジカリウム⇒抗炎症
  • オクトピロックス⇒抗菌

こういった有効成分の違いから、
抗菌力でいうとコラージュフルフルの方に軍配が上がります。

お医者さんが薦める抗真菌シャンプー(コラージュフルフル)


また、 コラージュフルフルは脂漏性皮膚炎の治療、
予防策として皮膚科のクリニックから薦められています。

コラージュフルフルを紹介、お勧めしているクリニック

⇒五本木クリニック
⇒日本橋エムズクリニック
⇒さぎのみや皮膚科クリニック

実際の現場のお医者さんからも信頼されているシャンプーなんですね。
メディクイックの方も抗真菌成分のミコナゾール硝酸塩はしっかり入っていますし、
価格もコラージュフルフルよりも若干安かったりもしますが、
抗菌シャンプーとしておすすめなのはやっぱりコラージュフルフルの方です。

 
 

コラージュフルフルは肌の弱い敏感肌でも安心



コラージュフルフルは上の海外製品と違い、
低刺激性、無香料、無色素と敏感肌の方でも安心して使える仕様になっています。
また、

  • 脂性の人用(すっきりさらさらタイプ)
  • 乾燥肌の人用(うるおいなめらかタイプ)

と2つの頭皮のタイプ別に製品が分かれているので、
より自分にあったヘアケアが行えそうですね。

コラージュフルフルシャンプーに関する関連記事

PR